こどもの矯正治療とは?

おとなの矯正治療は1つ1つの歯を移動させて歯並びを整えますが、子供の矯正治療では以下3つのことを行います。

1. 骨格の成長をコントロール

骨格の成長をコントロールして歯並びを整えるとはどのようなことでしょうか?以下の表のように、上下の顎(あご)の成長を促進したり、抑制したりします。

受け口の状態(治療前) 矯正による骨格の成長をコントロール (治療後)
上のあご 出ていない そのまま成長するようにコントロール 上のあご 出ている
下のあご 出ている 成長をしないようにコントロール 下のあご 出ている
出っ歯の状態(治療前) 矯正による骨格の成長をコントロール (治療後)
上のあご 出ている 成長をしないようにコントロール 上のあご 出ている
下のあご 出ていない そのまま成長するようにコントロール 下のあご 出ている

骨格の成長をコントロールするために以下のような装置を使用します。

2. 歯列を拡大

顎(あご)が小さかったり、歯列が狭いお子さんの場合、歯が生えてくるスペースがなく、デコボコの状態になってしまいます。

歯列を拡大することで、永久歯がまっすぐに生えてくる場所を確保します。

歯列の拡大をするために以下のような装置を使用します。

3. 悪癖を除去

ゆびしゃぶり、ほおづえ、ベロの癖などにより歯並びが悪くなることがあります。
特殊な装置を使用することで、このような癖を除去します。

ページTOPへ