院長BLOG

永久歯列時の矯正装置15.03.17

こんにちは。

市川駅からスグの矯正専門歯科、アイアイ矯正歯科の山下です。

今回は、永久歯列時の矯正装置について書きたいと思います。

大きくは、ブラケット(歯1本1本につける装置)とインビザライン(マウスピースのような装置)に分けられます。

それぞれの利点欠点について書かせていただきます。

1.ブラケット

歯の表につく装置(一般的に行われている装置)

2クリッピーC.JPG

利点 

歯のコントロールがしやすく、短い時間でよりよく治すことができる。
料金が安く済む

欠点

審美的でない


歯の裏につく装置

リンガルブレース 1of2.jpg

利点

矯正をしていることが他人に分からない(審美的)

欠点

舌に装置が接触し当初痛みが出てしゃべりにくくなります。

歯のコントロールが困難。(特に前歯の後方移動が困難)

2.インビザライン

Inviza提供_Invisalign_Trio1.jpg

利点

透明な樹脂が歯全体を覆っているので、矯正をしていることが他人に分かりにくい。

取り外しができるので、虫歯になりにくい。

欠点

抜歯ケースにおいて抜歯スペースを閉じる際に、歯のコントロールが困難


ページTOPへ