院長BLOG

よい歯のコンクール15.06.08

こんにちは。市川市のアイアイ矯正歯科の山下です。


6月4日市川市の良いお歯のコンクールに、審査する側として参加してきました。


これは、市川市と市川市歯科医師会との主催で行われました。市民の健康増進の一環として毎年行われている催しです。部門は、親子部門として4歳児とその親御さんです。もう1つ8020部門として80歳以上で、自分の歯が20本以上ある人です。


親子部門は、親子ともに虫歯はなくまた歯並びもかなり良いものでした。お子さんが将来親御さんのように虫歯もなく歯並びも良いものになるものなのか非常に楽しみです。


最近のお子さんは本当に虫歯が少なくなっています。1歳半検診、3歳児検診小中高検診においても虫歯を見つけることのほうが難しい状態です。非常に良い傾向だと思います。これからは、歯肉に注目し、将来歯周炎にならないよう、今から歯肉のマッサージを歯磨きに加えてほしいものです。


次に、8020部門は、歯の数が29本あり、治療してある歯が3本という、状態だけ聞きますと20代ではないかと思われる方が優勝しました。他の方々も24本以上ある人ばかりでした。口は健康の入り口といわれるくらい重要な臓器の1つです。日本では80歳で20本以上ある人は約3割以上いるそうです。このように、年を取っても歯の本数がたくさん残っている人がもっともっと増えてくると思われます。


虫歯の克服、歯周病の克服がなされてきています。


しかし、悪い歯並びは歯ブラシをして治るものではありません。


そんなことを、今回の良い歯のコンクールに参加して思いました。


歯並びに不安を感じたらぜひ当院にご相談ください。

ページTOPへ