院長BLOG

なぜ、歯科矯正が必要なのでしょう?16.09.15

今回、上顎前突について考えてみましょう。

症状:上顎前突ClassⅡdiv.1

  • 出っ歯
  • 下の前歯が見えない
  • 口が閉じない
  • 下の前歯が上顎の歯肉に当たっている

上記のような症状がある場合、歯周病になりやすいです。その理由は、歯が出ているため、口唇が自然に閉じられにくい。その結果、口腔粘膜の乾燥が起きます。顎の前後的ずれがあるため上下の前歯が当たらなくなります。その結果、下の前歯は上の前歯と当たるところまで出てきます。ずれがあるため下の前歯と上顎の歯肉と当たり、炎症が起こります。このような、慢性的な乾燥や刺激が歯肉にダメージを与え将来歯周病を生じます。

ページTOPへ