院長BLOG

受験の終わった今17.03.12

受験の終わった今

これは、市川病院前の薬局のところにある桜の木です。私が知る限り、何の種類かはわかりませんが市川近辺では一番早く咲く桜です。
この時期は、受験シーズンがそろそろ終わりかけている頃です。
皆さんの桜も咲くといいですね。
中学、高校受験はもうほぼ終わているようです。大学は、私立はほぼ終わり、国立は発表待ちや後期に向けての猛勉強中でしょう。
受験中の患者さんは昨年12月の終わりから2月の受験が終わるまでは、矯正治療を一時休止し受験に集中してもらっています。2月3月になると、受験を終えた患者さんたちがどっと来院しています。私としては、どうなったか聞きたいけど聞けない、そんな状態です。
時々、勇気を出して聞いたりしています。身に覚えのある方がいると思います。
できるだけ、気軽に聞きたいと思っています。
気軽に答えてください。
 矯正と受験
皆さん、矯正は行いたいが受験と重なったらどうしよう。などとご心配される患者さんがほとんどです。矯正は開始すると2年から3年歯を動かすことにかかります。その後も、歯が戻らないように押さえておくことが必要です。これにも最低3年くらいかかります。合計5年から6年かかるわけです。矯正は、この年数を考えると、どこかで受験に重なるということです。もちろん、受験の直前に矯正装置を付けることは、相当なストレスになるので反対です。しかし、その装置に慣れていれば、受験には影響が少なくて済みます。
いつ始めても同じです。であれば、一番いい時期に開始することが一番良いということです。
 受験の終わった、今です。矯正相談する時期は。

ページTOPへ